イラスト教室~明石大久保教室・稲美教室~

子供対象 まんが・イラスト専門

アート教室 ~明石・神戸・稲美~

 

マンガやイラストレーションを30年以上描き続けてきたコミックアートアドバイザー
小・中学生を対象にコミックイラストを教えている珍しいアート教室

 

イラスト教室の様子


子供の能力や気持ちに寄り添った丁寧な指導で、
お子様の楽しく描きたい気持ちを大切にして、一人一人細やかにアドバイスをし、のびのびと絵を描く場を提供しています

初心者には絵の基礎や、道具の使い方から指導し
描く事に慣れている方には技術を高めるため、
コミックやイラスト画のテクニックを指導しています

 

「アトリエいろかさね」は、子供たちが絵を学ぶだけの場ではなく、好きなことが同じ仲間の集まる場であり、居心地の良い場を提供しています

教室では何が学べるの?

〇アナログイラスト

アナログイラストとは、手書きでイラストを完成させるイラストの事です

使用画材: アルコールマーカー・色鉛筆・パステル・透明水彩絵の具

 

〇漫画

コミックマンガの作画を手書きで描ける練習をします

使用画材:つけペン・インク・スクリーントーン

  

 

〇デジタルペイント

お絵描きアプリ ユーザー数1位の人気無料アプリ“アイビスペイント”を使います

スマホやタブレットをお持ちのお子様なら教室で習ったことを自宅で復讐することもできます

無料アプリでも、表現力の高い作品を作ることができ、デジタルで描くことに慣れていれば、お子様が成長して絵を描く専用のソフトを使うようになったときにも基礎知識が身についているので役立ちます

  

 

指導内容

子供の大好きなキャラクターを描きたい気持ちを尊重し、子供自身が自分の絵を好きになって、何歳になっても描くことが楽しい!ずっと描いていたい! と思えるように、子供の描いている絵を尊重しています

なぜかというと、子供たちに早く上手く描けるようになってほしいからと技術を一生懸命教えても、それは“絵のお勉強”になってしまい、描くことが楽しめません

子供の描いている絵に「ここのデッサンが違うから書き直して」「この色の塗り方はもっとこうしたほうがいい」と指導しても、そもそも何が正しい絵なのかを理解できていない年齢や能力の時に、自分の絵に指摘ばかり受けていては、「イラストを描く事が好き」な子供の心が折れてしまいます

 

絵は、どんなふうに描いてもいいものですし、描き方は一つではなく様々な表現方法がある中から、自分がどんなふうに表現したいのかを描いて考え続けるものです

絵が好きな子供たちは、年齢とともに絵を描く目が自然と養われてきます

すると自分から「自分の絵に違和感があるんだけど…、どうしたら立体的に見えるのかな?どうしたら奥行を表現できるのかな?どうしたらちゃんと人間を描けるのかな?」と気づくときが来ます

そのタイミングに「そういう時はこう描くといいんだよ」とアドバイスをし、作画をしていただいています

お子様の能力によって、アドバイスしていることが違います

対象年齢

おおむね、小学3年生から入会していただけます

その理由は、そのくらいの年齢になると、お子様自らが「漫画が好き!ゲームキャラクターが好き!描きたい!!」という意欲を持ち、絵に対して積極的に学べる姿勢を持てるようになります

また、そういうお子様は、親が何も言わなくても自宅でも自分から絵を描いていることと思います

アトリエいろかさねでは、講師が課題を決めた絵を描かせるのではなく、お子様自らが「この絵を描きたい!!」という意思を尊重してお子様が何を描きたいのかを自分で考えて、選んだものを絵を描いていただきます

「何となく好き?」という気持ちでは、絵を描き続けることがきっと難しくなります

せっかく習っていただくのですから、お子様自らが「自分はキャラクターを描きたい!」という意欲を持って来ていただきたいのです

 

【 入門クラス・初心者 】
文字を中心に書いている子供たちの手の動きを、絵の動きができる手の使い方に慣れる練習

なぞり書きや写し絵、模写を通して絵を描きます

絵を描く画材に触れ、画材の扱いに慣れること

落書きを脱出し、作品作りに取り組みます

 

【初級クラス】 「描きたい、楽しい」というモチベーションを大切に、描いた絵をイラストとして最後まで完成させる

基礎的な、人物の顔の描き方を練習しながら

お子様が「こんな風に描きたい」「こんなキャラクターを描きたい」という気持ちを尊重し、作品として完成まで導きます

描きながら、「どうしたらいいかな?」と、手が止まってしまうところや、画材の使い方、色の塗り方、色の選び方で迷ったときにアドバイスをします

 

【中級クラス】 レベルに達している小学生~

模写やオリジナルイラスト作画を通して

「自分はどんな絵を描く事が好きなのか?どんな絵を描いていると最も楽しいのか?どういう風に描けるようになりたいのか?」 と、自分で課題を立てながら作品作りをします

・キャラクターのポーズを考える

・人体のパーツ(瞳・髪型・手・足)を丁寧に描く

・線画を丁寧に描く

・より奥深く色をぬり、彩色技術を身に着ける

・背景デザインを考える

 

 

☆もっとうまくなりたい!本格的に学びたい!絵の仕事がしたい!という目標を持っているお子様☆
↓ ↓ ↓

【上級クラス】 レベルに達している中学生~:自分の絵作りをする

見て描く(模写)から、自分で考えて描く事に主力を置き、オリジナル作品作りに取り組む

キャラクターのポージング(人体・顔・手・足・服)を正しく描けるように練習する

 

 

 

 

 

 

 

 

〇アナログイラスト
イラストとして完成度の高い作品作りをする

〇漫画
漫画の描き方の基本(作画技法・ストーリー・人物設定・コマ割り)

〇デジタルペイント
デジタル操作に慣れる

【プロ級クラス】 レベルに達している中・高生~

〇アナログイラスト
人体(年齢性別の描き分け)・動物・植物を正しく描くことを意識しキャラクター作りをします

絵の構図や配色など、デザイン知識も覚えていきましょう

〇漫画
漫画づくりを始めよう

1コマ・4コマ漫画やショートストーリーなど物語を作り、作品を最後まで完成させよう

〇デジタルペイント
1つの作品に時間をかけて取り組み、完成度の高いイラスト作画をしよう

イラストを習うことでどんな能力が身につくの?

1集中力

2観察力

3表現力

4想像力・思考能力

5色彩構成力

6創作力・文章力・構成力

目には見えない力、数字では測れない“非認知能力”が身につきます

講師が子供の指導で大切にしていること =理念=

「絵描きの心を育てる、ココロと言葉のバリアフリーなアトリエ運営」

 

「アトリエいろかさね」が、こども対象としているのは理由があります

高校を卒業すれば、漫画やイラスト、アニメーション専門学校や専門大学がありますから、プロになりたいという意思の強いお子様は、対象年齢になればそういう学校で学べばいいと思っています(私も芸術大学へ進学しました)

私自身も、中高校生時代は漫画専門学校のCMを見ながら「いいな~、“今!”習いたいな~」とずっと思っていました

 

マンガやイラストを習える環境が、小中学生の間はめったにありません

だから、私が教室をする事で漫画やイラストが大好きな子供たちに絵を描く環境を与えることで「絵が好き!」という子供たちの気持ちを育てたいという想いがあります

「絵が好き!描いていることが楽しい!自分の絵が大好き」と思える絵描きの心を育てることを一番重視している理由は3つあります

1 絵が上手くなるまでには何年も時間がかかる

絵を描く事をやめずに、長く描き続けてきた人こそが上手くなります

長く描き続けるためには 「描いていることがやめられない、何よりも楽しい、自分にはできるんだ」というメンタルを強く持つ心を育てることや、描き続ける集中力を養う方が重要だと考えています

2 自分一人で描き続けることが実はけっこう難しい

小学生の頃は、休み時間にお絵描きをしている子供たちがちらほらいます
私もその一人でした

ところが、中学生になると休み時間に落書きをしている人はぱったりいなくなってしまいました
私は描いていたのですが、一人場違い…な雰囲気。。。

子供の年齢が上がるとともに、学校生活時間が長くなり、部活や習い事が増え、その分自宅では宿題にも時間をとられます

残された少ない自分の時間には、スマホを触ったりだらだらしたり、休日には友人と遊んだりしていると、絵を描く時間なんてなかなか確保できなくて、自分一人で気持ちをコントロールして絵を描き続けることは、結構難しいことなんです

3 自分一人で描いていては、上手くなっている実感を持つことが難しくて辛くなる

イラストを描いている人間が自分の周りにいないと、自分の絵を見せて評価が欲しくても、「○○ちゃんって絵が得意だよね。上手いよね」という評価はもらえるけれど、具体的に、“どう、上手いと思うの?”という評価は得られません

自分はもっとうまくなりたいと思っているのに、誰にも相談できないもどかしい気持ちになったり、SNSを見れば、自分と同じ年齢の人でもものすごく絵の上手な人の作品を目にすると落ち込むこともあります

そういうときに、励ましてくれる仲間がいなければ、絵を描くモチベーションを保てなくなります

だからこそ、「アトリエいろかさね」では、絵の技術の向上だけではなく、子供たちの絵を描く心を育てることも重要視しています

“絵”は“自分の気持”を伝えることができるツールになる

私は、自閉症スペクトラム障害を持つ子供を育てる経験を通して、
「アートは言葉がなくても気持ちを伝えることができるツールだ!」
という事を再確認しました

子どもたちが描く絵には、子供たちの内面が表れていますから、子供たちがどんなことを表現したいと考えているのかを読み取り、作品で人に伝える方法をアドバイスします

生徒様の声・保護者の声

《生徒様の声》

*マンガのイラストを描く事が好きだから、もっと上手になりたい

*どう描いたらいいのか分からないときに質問できる

*色の塗り方が分からなかったけど、質問しながら練習できる

*鉛筆でしか絵を描いたことがなかったけど、つけペンを使えてうれしい

*色を選ぶことに迷った時にアドバイスを受けたり、表現の方法を教わることができる

*本物の画材を使えることが嬉しい

*漫画が好きな人と楽しく絵を描ける

*お友達が知らないマンガを先生は知っていて嬉しい!(マンガの話ができる)

 

《保護者の声》

*子供が絵を好きで、習わせてみたかった

*子供が普段から、マンガのイラストを描いていたので、好きな事を伸ばしてあげたかった

*自分も漫画は好きだが絵を描けないので子供にイラストを習わせたかった

*子供は絵画よりも、コミックイラストの方が好きだから、イラスト専門の教室を探していた

*先生が子供たち一人一人のことを考えてくださりありがたい

*自分で考えてイラストを描くように変わった

無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせ

入会ご希望の方は必ず初回無料体験を受けて頂きます
教室の雰囲気を確認後に親子で入会をご検討ください


★ アトリエいろかさね 所在地はこちら ★

MENU
PAGE TOP