『アトリエいろかさね』生徒の作品~ISUZUちゃん~

生徒の作品~ISUZUちゃんの作品~

ちょっと大人っぽい女の子のキャラクターを、自分で考えて描くことが得意なISUZUちゃんの作品です

2022・07

イラスト全体的な仕上がりを考えて絵を描く事が得意ですね

作品作りは、キャラクターの存在+キャラクターを演出する作画 が必要なので、『キャラクターが何をしているのか』が演出されている絵は、見る側にも伝わる情報が多く、楽しく見ることができます

★私が子供たちに絵を教えていることで大事にしている事

2022・01~05

 

毎回、描き始めは「どんな女の子にしようかな?」と、ヘアスタイル・表情・服装を考える所から始めています

何となく描いていくうちにアイデアがまとまってくるものなので、手を動かして描けているのはとても良いですね

チャイナ服を描くときに、「そもそも、チャイナ服ってどんな服だったっけ?」と、分からないことがあれば調べて、画像を見た後は自分なりにアレンジを加えています

 

 

イラストを描くときに、「キャラクターの気持ちはどういう気持ち?どこにいるのかな?何をしているのかな?」と問いかけると、イメージしている背景を考えられるようになってきました

 

描いている時間が長いと、疲れてしまうのですが、「疲れた~」と思っても、ほかの生徒が描いている様子に引っ張られて“もう少し描いてみよう!”という気持ちになっていたり、絵を描いている途中で終えてしまうことも嫌だなという気持ちを持っていて、最後まで描ききる力が身についています

想像力と集中力が、ものすごくよく育っていますね(^^)