一人一人のお客様を大切にできる個人サロンの強み

私が所属していたTiara Business Academy の2019年11月セミナーでは
自宅でエステサロンを経営する安藤香織さんの講義を聴きました

個人サロンビジネスを成功している香織さんが、どういった経営の道を歩んできたのか?

自分の時間と家族の時間もうまく管理しながら
地域やビジネス仲間との繋がりづくりに活動的に行動し
自分が楽しめる事を我慢しない生き方をしていらっしゃいます

個人でお教室業・サロン業を営むのであれば、とっても参考になるお話です

大好きなお客様の為に

安藤かおりさんは 大手エステサロン “高野ビューティークリニック” 勤務後
自宅でエステサロンを開業し、お客様に愛され、今ではエスティシャンを育てる側として
日々行動的に活躍されています

その道のりがどういったものだったのかをお話し下さいました

 

私自身も、お教室を自宅で運営する身として
お客様に来ていただくためにどうしたらいいの?(集客)
お客様にリピートされるために、どうすればいいの? と、手探りで運営してきました

集客のノウハウはあれど、
リピートして頂くためのノウハウは習って身につくものではありません

 

香織さんがお話していた事は
個人の内から出てくる “お客様への向き合い方” や
“一人一人のお客様を大切にすること”
“求められていることを見切り発車でもやってみる事”……

そのように、個人サロンだからこそできる事を一つ一つサービス提供していくんだと話されていました

 

そこは私もすっごく共感するところだな~とお話を聞いていました

 

お金を頂きながら学ぶべき

「自分で何かをやってみたいなら、お客様にサービスを提供しながら学ぶ事が一番の近道」

いくら机に向かって知識を勉強していたとしても、実際にお客様と接した時に

知識として学んだスキルが生かされない事が多い

お客様へ接する事って、不安もあるけれど、実際にサービスを提供するほうが

自分のスキルは上がります。とおっしゃる香織さん。

 

本当に、そう。

知識だけでは業務にならない。
お客様一人一人の個性に接することで、こちら側が経験をさせて頂いていると

私も常にその気持ちをもって、生徒さんへ接しています

香織さんのお話を聞くことで、本当にそうだよねって再確認しました

一人経営って、自分がこれであっているのか正直分かりません。

正解も不正解もなく、自分のその都度の判断でお客様に喜んで頂けるのか、いまいちだったのか?

その場勝負です

 

行動力の源は

「刺激のない日には戻りたくない」という気持ちがあるからこそ

エステサロンを退職後は、0歳の赤ちゃんをエルゴ(おんぶ紐)でおんぶしながら

お客様へ施術をしていたぐらい、パワフルな香織さんです☆

 

個人のサロンは自分に自信を持つこと

安藤さんは独立したからこそ、大手エステサロンで働いていた時には

「会社のブランド」

に守られていた自分が居たことに気が付いたとおっしゃいます

セレブなお客様からのご指名もいただいていたけれど
お客様は“セレブ感を味わいたい”方もいたこと

 

でも、個人でサロンをすることは、ブランドはありません

自分自身に自信を持って経営する事が大切だとお話下さいました

 

そのために、他のサロンにリサーチに行って、どんな施術をしているのか?

どんなサービスをしているのかを研究されたそうです

個人でも素晴らしい技術を持っている方もいれば、それほどでもないけれど経営している人

様々なやり方があることをリサーチしたと言います

 

大手で勤めていた時には限られた時間の中でしかお客様へ施術ができない環境だったが

個人のサロンでは、一人一人のお客様と親密にかかわる事ができる強みを知ったそうです

 

私たち個人で教室をする者は、スキルはもちろんあって当然なのですが

スキル以外にお客様へ提供できるモノ

そこに価値を求めてお客様はリピートして下さいます

スキルだけを持っている人は世の中沢山いるので

〇 趣味が合うとか
〇 人として空気感が合うとか
〇 気を使わなくていい関係性だとか

付加価値を主催者個人に求めて来てくださっているんですよね

 

お客様が付加価値に喜びを感じて下さっている。

これが、個人でしなければならない事だし
個人だからこそ細やかな配慮ができる強みだと私自身も思っています

 

香織さんは、なによりお客様が大好きで
お客様に「ありがとう」と言って頂けることが幸せだという気持ちが強い方

お客様に良いと思う本や、ダイエットグッズ類を紹介したり貸し出ししたりするなど
細やかなサービスをしていた事で、お客様にも愛され
お客様が絶えないサロンとなっていました

 

同業の上司や先輩からは

「独立して、子供もいるのに、なぜお客様を呼べるの?」

と質問されたことがあったようです

 

その質問をした方の気持ちが、私にもよ~く分かります。

個人で開業すると、「どうやって自分の存在を認知拡大すればいいのか?
多数存在する同業他社のライバルが存在する中で
お客様に自分のサロンを選んで来ていただくにはどうしたらいいのか?」

集客に悩んでいる人の方が圧倒的に多いからです

 

香織さんは、その当時、その「なぜ?」に対してうまく応える事ができなかったとおっしゃいます

そして、その憧れの先輩上司は素晴らしい技術を持っているにもかかわらず
退職後はエステと関係のないパート職をして収入を得ているという現実がありました

 

スキルを持っていても、
それを生かして個人で仕事にすることはどれだけ難しい事か

 

それは私自身、身をもって体験しています

 

個人でサロン経営をしていて、根底にお金の為とか利益だけを考えていたら
お客様はそれを察します

個人経営だからこそ、一人一人の悩みに答えたり
頂くお金以上の価値を与える事はとっても大切だし

自分のしている活動を周りに話すことも大切だし
自分を応援してくれる人との繋がりが次の御縁に繋がると
お話していました

 

人から求められたらまずやってみる事だと香織さんはおっしゃいました

「まだ、その時じゃない」「私には難しい…」って、
後回しにしない精神を持つことが大切で
見切り発車でもいいんだということを、ご自身の経験を踏まえてお話下さいました

 

また、自分が関心のあるビジネス仲間に会いに行く、興味のある人へ会いに行く
お世話になった人へお礼をしに会いに行く

そういった行動をとにかくされている香織さんです

行動して人と会い、人と繋がることで自分の仕事の幅が増える事や
仕事を依頼されるようになった事
依頼された仕事を中書せず受けてみる事で自分のビジネスの幅が広がる事

そういったビジネス展開があることをお話下さいました