自分の趣味や特技を生かして働きたいママ達へ

「起業を考えている」そんなママを応援します

「自分の特技や好きな事を生かして
お教室業をしてみようかな」

「キラキラした先生方みたいに、私もなりたい」

「自分も家族も豊かになる生活の為に
いつか起業しよう」

……

でも、起業するってどうしたらいいんだろう

お金はかけられないし…

私にできるのかな

子育てと自分の仕事を両立できるのかな

キラキラしているお教室のママ先生達は
どのように経営しているのかな

 

そんなことが気になって考えているママへ。

起業してしまえばいいのですが、そのためには
ママご自身の覚悟と、ご家族の理解が必要です

 

起業前にはこんなことで悩んでいませんか?

■ 自分にはまだスキルが足りないから
→「まだまだスキルを学んで資格をとらないと」
って、資格ばかりを追いかけていませんか?

■ 自分に出来るか不安
→頭がいいわけでもないし、ただの主婦だし
たった一人でできるのかな?
って、考えているだけで何もしていない方

■ 失敗したらどうしよう
→何をもって “失敗” ですか?

■ お金がない
→お金がなくても、準備できる事や
チャレンジできる事はあります

■ 反対されたらどうしよう
→自分がしている事を人に否定されたら心が折れますか?
あなたのしたい起業は、人に止められてあきらめられる内容ですか?

 

他にも

まだまだ私は勉強不足だから とか
資金を貯めてから とか
物を仕入れて準備が整ってから とか

やらない理由をつけていませんか?

 

一人起業は、あなた自身から価値を生み出します
お金をかけて資格や場所などの環境を整えるから
お客様が来るのではないんです

 

このブログ記事では
起業前にお金をかけなくても出来る事は沢山ある!
という事をおつたえします

これは、私自身がお教室業を始めてみて、

「しておけばよかった」と思ったことと
「していて良かった」と思ったこと

をまとめていますので、参考になれば幸いです(^^)

 

知人、友人に自分の夢を話す

これ、している人少ないです。

 

一人でコツコツ頑張っていることを誰にも話さず秘めていても
あなたの素敵な価値は知ってもらう事ができません

 

子どもの話はご主人やご両親、ママ友達と当然のように話をしますよね

例えば
「ピアノを習っていて、発表会の練習をしている」
「運動会の練習で50メートル走のタイムが〇〇秒だった」
「ダンスを習っていて、今度○○祭りのステージ発表があるから
良かったら見に来てね」

って、子供の話は自然とするのに
女性はママになったとたん
ママ自身の事は話すことってないですよね

 

私は、ママも自分の好きな事や趣味や特技を話ししてもいいと思うんです
そういう話をすることができる友達を探すことも必要ですね

 

ビジネスにおいて、一人起業は自分の事を知ってもらう事が大前提です

まずは、身近な人に話をして、“自分の特技を知ってもらう”
ことを意識すると良いですよ

「手芸が好きだから子供の手提げ袋はお手製」とか
「海外旅行が好きで、日常会話の英語が話せる」とか
「保育士をしていたから、子供たちと遊ぶ事が大好き」など

話をして、応援してくれる人が現れたら、とっても嬉しくなりますね

無料のツール(SNS)を使って自分の事を発信する

起業したら、インターネットを使って発信することは
必須なスキルです

起業前から、ブログ・Twitter・Facebook・Instagramなどを利用して
自分の事を発信する練習をすると
起業後にとても役立ちます

「SNSって、興味がないし」
「めんどくさい」
「そんなことをしている時間がない」
「使い方が分からない」

そんなことを言っているようでは、一人起業は成り立ちません!

自分から進んで無料のメディアを知る!使う!ようにしましょう。

 

とはいえ、私も SNSに全く興味のない人間でした(-_-;)
SNS以前に、携帯電話時代から、携帯をほとんど触らない人間でした

スマホゲームに没頭することも全くなかったし
明日も会えるママ達と
自宅に帰ってまでネット上でコミュニケーションとるほど暇ではなかったし
スマホを触るそんな時間があるなら、自分の好きなマンガを読んでいる方が
好きな性格でした

だから、起業後にSNSの大切さを知って
それぞれのメディアに慣れるためにめっちゃ大変です(;’∀’)

起業前から
・ メディアを使い慣れておくこと
・ 操作を知っておくこと
・ ネット上で人と交流することの楽しさ

を体験しておくと、後々とても楽になります

メディアを楽しんで使っているママ達のことを
「ほかに趣味の無い人たちなんだな」と決めつけていた
過去の自分自身を浅はかだったと反省しています

小さなイベントを企画してみる

ママ友のお茶会やランチ会など
主宰してみてください

起業すると、自分がすべてを企画運営することばかりです

身近な人で、その経験を積むことはとても勉強になります

・ どのように連絡するとよいのか
・ 相手がどのような返事をしてくるのか
・ 相手が返事の遅い場合にどういう対応をするのか
・ 当日はどうセッティングしたらみんなが楽しめるのか
・ 時間設定はどのくらいがいいのか
・ 場所は?予算は?

 

ママと子供、一緒にするイベントでもいいですよね

たこ焼きパーティー・バーベキュー・お誕生日会・ハロウィン・クリスマス会
いろいろ考えられますね♪

そして、当日は自分も楽しみながら、
参加者が楽しんでいるのかをしっかり観察しましょう

 

私も、人を自宅に呼んで楽しんでもらう事が好きだったので
よく、こういうイベントをしてきました

“行事” のようにたいそうな事をしなくても
“子供たちを自宅で遊ばせている間
ママはゆっくりお茶をしながらおしゃべりしようよ”
という事をよくしていました

すると、幹事役の上手なママや、お手伝いの上手なママ
気配りの上手なママなど、いろんなタイプのママが必ず居て
自分にはない物を持っているママの動きを観察すると
とても参考になりました

逆に、何もしないママは「この人の行動は自分がやらないようにしよう」
という参考になりますね

 

起業すると、企画 を考えることが多くなります

どんな 企画 にしたらお客様が楽しめるのか
を考えるために、身近な人へ何かを企画してきたことが
とても役立っています

まずは、1円でも稼いでみる

あなたの特技を知人、友人に知ってもらったのち
興味のある人が現れたら
あなたの特技を販売する体験をしてみると良いです

「そんなっ、他人からお金を頂くなんて(;’∀’)
タダでいいよ」
って、お金を受け取る事にとても抵抗がある方がいます

私もそうでしたし。

それ以前に、友人へ営業する事が嫌でした((+_+))

 

でも、あなたの特技はあなたがその技術を得るために
お金と時間と努力を積み重ねた結果ですし

無料で受け取った側にも気を使わせてしまいます
(お菓子のお礼を持ってきてくれたり)

低価格でもいいから、代金を受け取る事を体験してみてください

「ありがとう」という気持ちを頂く経験は
自分に自信を持つことができます

それに、お金を受け取る事によって
「お金を頂くのだから、相手に最善を尽くそう」
って、思考しますよね

起業したら、毎日その繰り返しです
頂くお金以上の価値を相手に与える気持ちはとっても大切な事です

 

起業塾系を受講してみる

地域の 男女共同参画センター や 商工会議所 では
起業したい人や、女性の就労に向けたサービスを提供しています

上記の施設では、無料相談 や 無料セミナー
低価格の起業塾 が開催されています

そういったものを受講すると
自分のモチベーションも上がりますし
同じ志をもった人と出会えたり、知識を学ぶ事も出来ます

私は漠然と起業について考えていた頃に
女性向けの起業セミナーへ参加しました

単発セミナーでは学べることも限られているのですが
自分で働くってどういうことなのか
お金の計算はどういうものなのか
お金を借りるにはどうしたらいいのか
起業してきた先輩の話

など、普通の生活では聞く事の出来ないこと
生の話を聞く事ができたこと
夢にあふれる女性と同じ環境にいると自分に勇気がわく
経営の話を聞く事で、企業は自分自身にも
チャレンジできそうなことなのかを考えるきっかけとなります

公共の施設主宰なので、何かを営業される不安もありません

女性向けのセミナーでは、子どもの託児付きのものもありましたよ

 

ビジネス本を読む

ベストセラーと言われているものから
自分が気になる著名人の本、歴代の経営者の自伝などを読む事です

「本を読む時間がない」と言っている人は
起業しても続きませんので。

時間を作って読む人こそ、経営者です

世の中の成功者は、私たち主婦より目まぐるしく忙しい人なのに
大量の本を読んでいます

 

「ネットでググったらいいじゃない」
と思うかもしれませんが、本を読むメリットは
著者が1冊の中に著者の体験したことを
順序良く凝縮した内容を総まとめにして書いているので
ネットでかいつまんで得る情報よりも、得るものは多いですし
自分が検索しない事も本には書かれていて、自分の知らないワードを
知ることができるのもメリットです

ネットには書いていない裏話を書いていることもあります

著者が苦労してきたことや、
絶対にすべきこと、しなくていい事などを書いていてくれるので
自分が遠回りしないための参考になります

 

私は、本を購入すると
「いつでも読める」 と思ってしまって読まないんです(;^_^A

だから、図書館で借りています
無料だし、返却期間が決まっているから意地でも読みます

返却日には、次の本を必ず借ります

そうして、月に2回は必ず図書館に行く時間を強制的に作っています
その方が自分を追い込めます

どうしても、図書館に置いていない本や
人気の本、新刊は購入します

 

推理小説など長編の物語は、「本を読むぞ!」ってわざわざ時間をとらないと
読めませんよね

ビジネス本の良さは、項目が細かく分かれているので
「5分だけ」など隙間時間を有効活用できます

私は子どもを公園へ連れて行った時に、
子供が一人で黙々と遊び始めたら私が相手をする必要がなくなるので
読書タイムにしていました

他にも、家事と用事の隙間時間や子供の習い事の待ち時間など
探せば時間はあるものです

ママ友達と、「今日の晩御飯は何にする?」など
他愛のないおしゃべりをしているくらいなら
自分自身の為の時間を得る方が時間を無駄にしませんよ

 

参考までに、私がよく読む著者は

・中谷彰宏 さん
・堀江貴文 さん
・藤原和博 さん
・林 修  さん
・池上 彰 さん
・本田 健 さん

……、あとは本のタイトルに惹かれたら
片っ端から目を通してみて、
気に入ったら同じ著者の本を読んでみたりしています

まとめ

自分のやりたいことがあるなら

「どうしよう」と悩んで止まってしまっては
いつまでたっても前へ進みません

家庭のあるママにとって、自分だけの時間というのは
とっても貴重な時間ですよね

その貴重な時間に昼寝をしたり、
だらだらおやつを食べてワイドショーを見て過ごすなんて
もったいないです

どうしたらいいんだろうと悩むぐらいなら
できる事を考えて、一つでもやってみてください

行動することで、見えてくるものが必ずありますよ

 

Follow me!